足の親指の筋肉が外反母趾に関係していること

どうしてハイヒールなどを履くことが、外反母趾の原因になるのでしょうか?それは、足の親指の筋肉が関係しています。
足の親指には、母趾内転筋と言う筋肉があります。
足の指を外側に曲げる筋力になります。
母趾内転筋があるおかげで、私たちは足の親指が外側に曲がったとしても、外反母趾になるような心配は一切ありません。
しかし、この筋肉は、一日中ハイヒールのような靴を履いている場合、弱ってしまいます。
親指が長時間圧迫されることで足の指は、思いもよらないような負担をしいられています。
ハイヒールは足を圧迫しますし、ヒールもあります。
ヒールは5センチ以上の高さがあると、足が前に滑ってしまいます。
ヒールが高くなるにつれ、足先には体重がよりかかっていきます。